• かしの木こころのクリニック

最も寒い頃の過ごし方(大寒だいかん:令和4年1月20日)

一年で寒さが一番厳しくなる時期です。三寒四温(3日間寒い日が続き4日間暖かい日が続く)の言葉にあるとおり、春の気配を感じさせる季節でもあります。


【生活】

  寒さで行動力が衰えがちですが、一歩前に踏み出してみましょう。春に向けて、これからの未来をイメージしましょう。積極的に太陽にあたるようにしましょう。この時期は体を温めるためにエネルギーを消費するので栄養をしっかり摂りましょう。


【体調管理】

 冷えて胃腸が弱り、食欲不振、下痢などになりやすい時期です。このような方は、1日を4-5食に分けて少量ずつバランスの良い食事を摂りましょう。水太りもしやすい時期です。温めてむくみを取ってみましょう。冬の不養生は春の花粉症の原因です。もちろん、体を冷やすのは禁物です。

【食事】

里芋、山芋、ゴボウ、大根、カブ、れんこん、小松菜、白菜、キャベツ、くるみ、ごま、ブリ、かき、エビ、鶏肉、金柑。

【植物】

ナンテン

【漢方】

大建中湯(だいけんちゅうとう)


かしの木こころのクリニック 茨木市 心療内科 精神科 漢方






最新記事

すべて表示