• かしの木こころのクリニック

朝夕が涼しくなる頃の過ごし方 (白露:はくろ 9月8日)

暑さも和らぎ、大気が冷やされ木や草花に朝露が見られる時期です。

これから秋の深まりを感じ始めます。

月が美しく眺められるのもこの頃です、9月10日は中秋の名月ですね。

草むらでは虫のオーケストラが始まります。


心がけ

秋になると人はセンチメンタルになります。過去の良いことを思い出し、何がこころからの喜びだったのか思い返してみてはいかがでしょうか?仕事一辺倒でなく本来のわたしの人生を楽しむのも良いかもしれません。



食事

夏の暑さで弱った胃腸を豆類や根菜類の煮物などで回復しましょう。

サンマ、ままかり、鮭、イワシ、うなぎ、サバ、はと麦、そば、松の実、松茸、しいたけ、黒きくらげ、ぶどう、なし、いちじく、バナナ、パプリカ、なす、さつまいも、クリ、南瓜、山芋、さつまいも、れんこん、大豆、落花生、なつめ、モロヘイヤ、おくら、唐辛子。


憂うつになりやすい季節です。発散する唐辛子、生姜、ネギ、大根、わさびなどうつ改善に効果的です。


植物や生き物

コスモス、ヒガンバナ、エノコログサ、菊、鈴虫、赤とんぼ

赤とんぼ(夕焼け小焼けの・・・♪)


かしの木こころのクリニック #茨木市 #心療内科 #精神科 #漢方 #二十四節気 #白露