​うつ病

うつ病ってどんなもの?誰がかかるの?

考えすぎたり、動きすぎたりして、心身のエネルギーが減ってしまい、自分の力で回復することが難しくなった状態をさします。
 日本では一生で15人に1人にうつ病の経験があるとされています(厚生労働科学研究費助成こころの健康科学研究事業「精神療法の実施方法と有効性に関する研究」)。めずらしい病気ではなく、だれでもかかる可能性があります。女性の方が男性より1.5-3倍かかりやすいことがわかっています。思春期から老年期まで年代を問わず起こりますが、日本では中高年の発症が多いとされています。

どんな症状があるの?

2週間以上、『気持ちの落ち込み』がみられます。『気持ちの落ち込み』とは、元気が出ず、たとえうれしいことがあっても、好きなことをしていても、楽しみや喜びを感じなくなるということです。何事も悪い方向に考え、「迷惑をかけている」といった自分を責める思いがとても大きくなります。焦りや不安が強まることもあります。嫌なことがあれば誰でも気分が落ち込みますが、うつ病の人は期間の長さ、落ち込みのひどさが強く、脳の機能全体に大きくブレーキがかかるような状態になります。そのため、気持ち・考え・やる気・食欲・性欲・睡眠・自律神経などがおかしくなります。日常生活全般への影響の大きさが、普通の人とうつ病の人では全く異なります。
 疲れやすさ、集中のしにくさ、不眠や食欲の問題も出現することが多いです。様々な症状があるため、普段の自分の役割が果たしにくくなります。身体のしんどさが強い人もおり、ひどくなると起き上がれない状態になります。こころや体の症状には1日の間で波があり、目を覚ました直後に一番悪いことが多く、昼〜夕方にかけてましになってきます(日内変動)。
「この状態がずっと続いて治らないのでは」と心配や焦り、絶望的な気持ちがひどくなって、自殺したいと思う気持ち(希死念慮)が現れやすいことも大きな特徴です。うつ病の人の10人に1人が真剣に自殺を考えたことがあるとされています。特に病気の初期、回復期が要注意の時期です。
 気持ちの症状よりも体の症状が目立つ『仮面うつ病』、冬など特定の季節に気持ちの落ち込みが目立つ『季節性うつ病』のほか、気持ちの落ち込みはあっても楽しいことがあると一時的に気持ちが明るくなる、眠りすぎる、食べすぎる、体が鉛のおもりをつけたように重く感じて動きにくい、他の人からのちょっとした言動にとても落ち込んだり腹が立つといった特徴がある『非定型うつ病』などもあります。
 『生活習慣病』、『がん』、『心筋梗塞』、『脳卒中』の患者さんはうつ病を併存しやすいといわれています。『甲状腺疾患』などの病気そのものの特徴や、治療薬の副作用により、うつ病を発症する場合もあります。『認知症』の初期に気分の落ち込みが見られることもあり、注意が必要です。また、気分の落ち込みと、気分の高揚がみられる『双極性障害』との鑑別も大切です。

きっかけはどんなこと?

うつ病発症のメカニズムははっきりしていません。複数の出来事(環境、遺伝、性格、身体疾患など)によるストレスが重なって、脳の中の神経伝達物質のバランスがおかしくなり、こころや体のエネルギーが減りすぎることで起こるとされています。神経伝達物質の中でうつ病に関係するセロトニンは気持ちの安定ややる気に関係し、ノルアドレナリンは、不安、恐怖、怒り、やる気に関係します。ドパミンは、気持ちよさ、喜び、攻撃などに関係します。 セロトニンは、ドパミンやノルアドレナリンの動きが強くなりすぎることを抑え、眠りやすさにも影響するとされています。
人生の中での「大きな変化」(引っ越し・転勤・入学・入職・転職・退職・昇進・結婚・離婚・死別・病気・大切な存在を失う)がきっかけになることもあります。ポイントは嬉しい出来事でも「変化」はきっかけになると言うことです。女性では妊娠・出産・閉経などホルモンバランスの変化が起こる折にうつ病になりやすいとされています。

治療法は?

まず、お薬を飲みながらしっかり脳と体を休ませます。元気を出すのではなく元気が出てくるのを待ちましょう。休むことに無力感や申し訳なさ、焦りを覚えることはよくありますが、これらの気持ちも症状のひとつです。こころや体が疲れ切っているのでどうしても休んでいただく必要があります。しっかりと休息した後はただ休むだけでなく規則正しい生活に戻していくことが大切です。
 また、再発のリスクを防ぐためには、休養と服薬と共に、同じようなことにならないように自分自身や自分が置かれている環境をみなおす、ストレス対処法について学び、試していくことが大切です。うつ病の治療中は人生の大きな決断はしないことをお勧めします。

うつ病に対する治療薬には、脳の神経伝達物質(セロトニン・ノルアドレナリン・ドパミン)に働きかけることを目的としたSSRI、SNRI、NaSSA、三環系・四環系抗うつ薬があります。通常、抗うつ薬の効果を見るためには2~4週間程度お薬を飲み続けていただく必要があります。ある薬が効かなくても他の薬が効く場合がありますので、主治医と相談しながら、辛抱強く試していくことが大切です。 「調子が良くなった」と感じて自分でお薬をやめてしまうことがありますが、うつ病の症状がなくなってからもしばらく薬物治療を継続することで再発の可能性が低くなることが知られています。また、急にお薬をやめると症状がひどくなることがあり(離脱)、少しずつやめていくことが大切です。お薬を減らしたり、やめていきたいと思われた際には必ず主治医と相談しましょう。不安や眠りにくさがあるときは、抗不安薬や睡眠薬が用いられることもあります。また、気分安定薬や抗精神病薬(いずれも適応外)などを使用することもあります。

 うつ病はつらい病気ですが、周りの人にはその辛さが理解しにくい部分があります。周囲の方は

  1. よくなったり、悪くなったりしながら少しずつ治っていくが回復までに時間がかかること

  2. 怠けているわけではなくご本人が一番辛く、元の生活に戻りたいと焦っていること

  3. 判断力が鈍って物事の見方や考え方が否定的になりやすいので、人生の大きな出来事を決める時期ではないこと

を理解していただき、しっかり休養できるよう長い目で理解と協力を行っていただくことが大切です。

当院の治療コンセプト

当院では現在の状態に至った経緯やご自身の傾向などを話し合い、見つめなおすことをしっかり行います。長期に渡って症状が繰り返し持続している方には記録をつけていただくようにしています。ご自身の調子を「観察」していただき、診察で共に振り返ることで1ヶ月、1年の中で自分が乱れやすい季節や出来事、行動を見つけられるようになります。また、症状が悪化する前に予想、対策ができるようになります。
 さらに、上述した治療に加えて東洋医学的アプローチとして、うつ病特有の身体症状である食欲不振や体力の低下、冷え性や頭痛をみとめる場合は、体質に合わせて六君子湯、四逆散、釣藤散、補中益気湯、真武湯、五令散、酸棗仁湯、加味帰脾湯、黄連解毒湯、香蘇散、柴胡桂枝乾姜湯などの漢方を内服していただくことがあります。また、経絡治療(症状を軽くするつぼのご提案)、ヨーガ・ストレッチ、薬膳の観点から食事のご提案を行うことがあります。軽度の不安、抑うつ、イライラの場合は漢方のみでも症状が改善することがあります。

          

【詳しく知りたい方は】