当院の特徴

診療方針、コンセプト

診療方針

「心静かに健やかに過ごしたい・・・」と思うものの、日常生活ではなかなか難しくこころは乱れやすいものです。

当院では、診察の中で、服薬のご提案、周囲の状況(環境)を整える工夫や、東洋医学の見地から漢方や鍼灸、薬膳、運動などあなたの日常生活の中を整える提案も行っていきます。

西洋医学の見地から

年々副作用が少なく、効果が大きい治療薬が開発されています。特に、病気が急に悪くなったときには、早めの服薬がとてもよく効きます。
疾患によっては、継続的に内服しないといけないこともあります。当院ではご希望を伺いながら出来るだけ少量の薬剤で治療できるように心がけます。

東洋医学の見地から

精神的なつらさが体全体に影響を及ぼしていることがあります。そのような場合は体全体を整えられるように漢方薬など併用する事があります。
漢方薬を西洋薬とともに服薬して頂く事でお辛さが大幅に改善することがあります。

また、西洋薬を減量するときに漢方薬を一緒に飲むことでスムーズにお薬を減らせることもあります。症状によっては経絡治療(ツボなどを使う)で楽になることもあります。

日常を整えるご提案

症状が一度改善しても、また、繰り返す方も多くいらっしゃいます。
病気はある意味、生き方や日常を見直す良いきっかけになります。
病気や症状が繰り返されないように、日頃の考え方、ストレスの軽減方法、疲れやすい部分のストレッチ、薬膳に基づいた食生活、季節にあった過ごし方など生活全体を整える方法をご説明することもあります。

かしの木こころのクリニック の命名について

かし(樫)の木は、公園などにあるドングリの木で、非常に硬く安定した素材であるため、大工道具などに用いられます。かしの木で作ったカンナや金槌などの手工道具によって、様々な日本文化が創られてきました。

このクリニックもかしの木の道具ように皆様の創造、成長をお手伝いできる場となっていくことを目指しています。

かしの木は、茨木市の市木でもあり、地域に少しでも貢献できるクリニックでありたいと願っています。
参考:茨木市の花・木/茨木市

 

ロゴに込めた思い

「心静かに健やかに過ごしたい・・・」、木陰で一休みするような感覚をクリニックで感じて頂けたらと思い作成しました。緑色の丸い3つの影はご本人・クリニック・周りの人々の支えをイメージしたもので、それらが重なることで安らぎの木陰が生まれることを願っております。丸い円は、地域の様々な支えを表しております。

​クリニックの様子