• かしの木こころのクリニック

春の日の過ごし方(清明せいめい令和4年4月5日)

更新日:4月6日

 清明(せいめい)とは万物が生き生きとした様子です。明るい春の日を受けて、草木が芽吹き、花が咲き、蝶が舞い、空は青く澄み渡り、風がさわやかに吹いてきます。

【生活】

  入学式、入社式、歓迎会など晴れやかな行事も多く、緊張が続き、胃腸トラブルをおこしやすい時期です。腸を丈夫にするには、味噌汁、納豆、漬け物など発酵食品がお勧めです。ストレス太りも起こりやすいので、食事会などでの食べ過ぎに注意です。逆にダイエットをしやすい時期でもあります。丹田(たんでん;臍の下3㎝くらいの所)に力をいれて体を引き締めましょう。脊柱(背骨)を膨らませるイメージでこれ以上ないくらい息を吸い込み、お腹がぺったんこになるまで息をはき続け深呼吸してみましょう。

【体調管理】

 下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群に注意が必要です。ストレスが原因となることが多いです。毎日、朝陽に向かって深呼吸を欠かさず、添加物の少ない食事や薄味を心がけましょう。健康に生きるとは、10代や20代に若返ることではありません。季節に四季があるように人間もその時期にあった生き方をすることです。自分の年齢にあった健康や幸せに気がつくことです。

【食事】

 初ガツオ、さわら、ほたるいか、ほたて、はまぐり、あさり、レバー、鶏肉、ニンニク、せり、クレソン、三つ葉、トマト、空豆、春きゃべつ、昆布

【花】

アネモネ、山吹

【漢方】

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、小建中湯(しょうけんちゅうとう)


かしの木こころのクリニック 茨木市 心療内科 精神科 漢方











最新記事

すべて表示

開院1年