top of page
  • かしの木こころのクリニック

雨の日に調子が悪い方へ     

雨の日の過ごし方


雨の日は植物が喜ぶ日です。特に苔は生き生きします。

雨の翌日の木々は緑がつやつやしていますね。


雨の音は全音域に周波数の広がりがあり、人の心を癒すそうです。

雨の音に耳を澄ますと屋根や葉っぱに落ちる雨音などいろんな音が聞こえてきます。


今の季節は、梅シロップ、らっきょ、生姜などを漬けることも良いかもしれません。


しかし、雨の日に調子が悪くなる方も多くいます。

ゆううつな気分になる、頭痛、全身倦怠感など現れます。

湿気などで水分が体に滞り易いためです(水毒)。

そのような場合は五苓散(ごれいさん)で効果があることがあります。

五苓散は水分代謝に対する生薬で細胞内のむくみなどを調節します。


食事は、豆類、貝類(はまぐり、しじみ、あさりなど)、海藻類など水分代謝を促します。

取りすぎると水分が溜まりやすくなるのは、甘いもの、冷たいもの、油もの、小麦類などです。このような食事はできるだけ避けるようにするだけで雨の日に調子が悪い人の体調は改善していきます。


最新記事

すべて表示

コメント


記事: Blog2_Post
bottom of page